審美歯科

  • TOP
  • 私たちの想い
  • 料金表
  • 設備・院内案内
  • ドクター・スタッフ紹介
  • アクセス
  • 求人情報
  • ブログ

料金表

  • tel:092-692-6668
  • 休診日/年末年始・お盆・ゴールデンウィーク
  • WEB予約はこちら

ながの歯科の想い

院内・設備案内

「見た目」と「機能」を高いレベルで両立します~審美歯科~

口もとの美しさは、その人の第一印象を大きく左右します。審美歯科は、歯の機能を回復すると同時に、見た目の美しさも追及することができる歯科の診療メニューです。
福岡市東区千早・香椎地域の歯医者「ながの歯科」では、ご希望やご予算などに応じてさまざまな治療内容をご提案しています。
治療前には事前カウンセリングを行い、じっくりお話をうかがいますので、何でも遠慮なくお話しください。

セラミックとハイブリッドセラミックの違い

審美歯科治療に使われる“白い素材”は、大きくわけて「レジン(歯科用プラスチック)」「ハイブリッドセラミック」「セラミック」の3つです。それぞれにメリットとデメリットがありますが、当院では「ハイブリッドセラミック」をおすすめしています。銀歯をハイブリッドセラミック製の人工歯に入れ替えることもできますので、気になっている方はご相談ください。

審美歯科素材 特徴
レジン 健康保険が適用される素材で、価格が安いという特長があります。ただし耐久性は低く、経年によって変色しやすい点がデメリットです。強度が低いため、強い力がかかる奥歯では健康保険が適用されません。欠けた歯の形態を回復したり、歯に盛り足して軽度の歯並びの乱れを整えたりすることもできる素材です。
ハイブリッドセラミック セラミック(陶器)とレジンを混ぜ合わせた素材で、レジンに比べて耐久性が高く、変色しにくいというのがメリットです。セラミックに比べると仕上がりの美しさではやや劣りますが、それでも十分白く美しい歯が手に入ります。柔らかく、噛み合う歯を傷つけないのも特長。健康保険が適用されないためレジンに比べると高額ですが、セラミックよりは安価です。
セラミック 天然歯に近い審美性の高さが魅力の素材で、丈夫でハイブリッドセラミックよりも経年劣化しにくいという特長があります。ただし、同じ自費診療のハイブリッドセラミックに比べると、費用負担がかなり大きくなり、噛み合う歯を傷つけてしまう恐れもあります。

ハイブリッドセラミックのメリットとデメリット

当院で採用しているハイブリッドセラミックは、クラウン(被せもの)にもインレー(詰めもの)にも使用できる素材です。硬度が高く、噛み合う天然歯を傷めてしまうことのあるセラミックと異なり、レジン特有の粘り強さも備えているので、噛み合う歯にダメージを与えません。

ハイブリッドセラミッククラウンには、全体がハイブリッドセラミック製のものと、内側に金属製のフレームを用いたもの(メタルボンドクラウン)があります。強度が必要な奥歯などには、後者のタイプがおすすめです。

メリット
  • 保険の銀歯と違い、白い素材なので目立たない
  • レジンに比べて強度が高く、変色しにくい
  • 硬すぎず、噛み合う歯を傷つけない
  • 金属を使用しないタイプなら、金属アレルギーのリスクがない
  • セラミックよりも費用負担が抑えられる
デメリット
  • セラミックよりも強度が低い
  • セラミックよりも汚れが付着しやすく、長期間使用すると変色する
  • セラミックに比べると、やや色調の美しさで劣る

最新ジルコニア補綴法(人工の歯)

自分の歯を白くしたいなら~ホワイトニング~

ホワイトニングには、歯科で処置を受ける「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で好きなときに行っていただく「ホームホワイトニング」の2種類があります。
東区千早・香椎地域の歯医者「ながの歯科」では、早い段階で効果を実感していただけるオフィスホワイトニングを採用しており、1回の費用は30,000円(税別)です。
初回はPMTC(専門的な歯のクリーニング)を無料で行っております。

オフィスホワイトニングのメリット
  • 効果がすぐに実感できる
  • 歯科のスタッフが処置するため、手間がかからない
  • 特殊な薬剤を使うため、知覚過敏のような痛みが出にくい
  • 繰り返し処置を受けることで、理想の白さを実現できる

費用の不安におこたえします ながの歯科の料金表はこちら

無痛治療に力を入れています ながの歯科のご予約はこちら

pagetop

©2015 NAGANO DENTAL CLINIC All Rights Reserved.