小児歯科

  • TOP
  • 私たちの想い
  • 料金表
  • 設備・院内案内
  • ドクター・スタッフ紹介
  • アクセス
  • 求人情報
  • ブログ

料金表

  • tel:092-692-6668
  • 休診日/年末年始・お盆・ゴールデンウィーク
  • WEB予約はこちら

ながの歯科の想い

院内・設備案内

子どもの歯は、未来をつくる宝ものです~小児歯科~

お子さんの歯は、食べものを噛み砕き、成長期に必要な栄養を効率的に吸収するためにとても大切なものです。しかし、乳歯や生えたばかりの永久歯は大人の歯に比べて歯質が薄くて柔らかく、虫歯菌の出す酸によってかんたんに溶かされてしまうので親御さんは注意してあげましょう。福岡市東区千早・香椎地域の歯医者「ながの歯科」では、お子さんの歯を悪い虫歯から守るお手伝いをしています。ケアの方法や噛み合わせの不安など、何でもお気軽にご相談ください。

虫歯のリスクは、最初の乳歯が生えてきた瞬間からはじまっています。小さなお子さんが自分で虫歯から身を守ることはできませんので、大切なわが子が健やかに成長していけるよう、親御さんをはじめとするご家族が協力して虫歯を防いであげましょう。当院では、お子さんが通いやすい歯科を目指し、さまざまな取り組みを行っています。

虫歯はうつる病気です~家族からの感染を防ぎましょう~

毎日の生活の中で、親御さんが使ったスプーンや食器で食事をさせたり、熱い食べものを「フーフー」と吹いて冷ましたりすることはありませんか? 生まれたばかりのお子さんのお口に虫歯菌は存在しませんが、そういった行為によって、虫歯菌は唾液を介してお子さんへと感染してしまいます。また、お口へのキスなどによってもうつることがあります。

虫歯は細菌による感染症ですが、コミュニケーションやスキンシップのことを考えると、お子さんへの感染を完全に防ぐことは難しいのが実情です。そこで取り組んでいただきたいのが、ご家族皆さんのお口の中の虫歯菌を常日頃から減らしておくこと。当院では専門的なクリーニングであるPMTCをはじめ、予防歯科メニューも豊富にご用意しております。お子さんの虫歯予防のために、みなさんでお口のメインテナンスに努めましょう。

子どもを虫歯にさせないために

虫歯には、「生活習慣病」といえる側面もあります。虫歯菌に感染したとしても、虫歯になりにくい生活を送ることで発症リスクを減らすことができます。日常生活の中で次のようなポイントを意識し、予防を心がけましょう。

ダラダラ食べはしない
虫歯菌は、糖分を取り込んで酸を排出します。時間をかけて断続的に食べ続けていると糖分と虫歯菌が触れる時間が長くなり、リスクが高まります。食事やおやつは時間を決めて食べましょう。
食後は歯をみがく
食べおわったら糖分を残さないよう、歯をみがきましょう。歯みがきには、細菌のかたまりである歯垢を落とすという役割があります。歯がみがけないときは、うがいだけでも効果があります。
糖分は控えめに
糖分は虫歯菌の栄養源となるので、できるだけ糖分の少ないおやつを選びましょう。ゼリーやプリンといった歯につきにくいものや、キシリトール入り、シュガーレスのものなども上手に活用しましょう。
歯医者さん通いを習慣に
定期検診や予防処置で、歯科に通う習慣をつけましょう。これらは治療ではないので、痛みがありません。お子さんに「歯医者さんは恐いところ」と思わせないことが大切です。
クセを直す
指しゃぶりや頬杖、爪を噛むといったクセは、歯並びや噛み合わせが乱れる原因となることがあります。乱れた歯並びだと虫歯のリスクも高まるので、早めにやめさせてあげましょう。
しっかりと噛む
食べものをしっかりと噛むことで、歯並びに関わる顎の自然な発達が促されます。また、自浄作用のある唾液の分泌量が増えるので、虫歯予防にも効果が期待できます。

自宅でできる!かんたん予防法

毎日の歯みがきは、お口のトラブルを予防するうえで基本となる大切なものです。お子さんにとって歯みがきが「当たり前の習慣」となるよう、まずは自分でみがかせてあげましょう。自分できちんとみがけるようになるのは10歳から12歳くらいなので、それまでは親御さんの仕上げみがきが欠かせません。親子のスキンシップの時間として、生活のリズムに取り入れましょう。

歯ブラシの持ち方
歯ブラシをぎゅっと握りこむと、力が入り過ぎて歯や歯ぐきに負担をかけます。鉛筆のように軽く持ち、やさしく丁寧にみがきましょう。
歯ブラシの動かし方
歯の表面に歯ブラシを直角にあて、小刻みに動かします。根元には45度の角度であてましょう。1本ずつみがいていきます。
歯ブラシを清潔に保つ習慣
歯ブラシはいつも根元まできちんと洗い流しましょう。毛先が開くと汚れが落ちにくくなるので、1か月を目安に新しいものに交換します。

小児歯科メニュー

歯みがき指導

唾液の状態や歯並びといった、お子さん一人ひとりの特性に合わせ、効果的なみがき方を指導します。親御さんには、仕上げみがきの方法をお教えします。

シーラント

奥歯の溝は、細くて複雑な形をしています。そこに汚れが入り込むとかんたんには取れないので、汚れが入り込まないようにレジン(歯科用プラスチック)であらかじめふさいでしまう処置です。レジンは徐々にすり減るので、定期的な処置をおすすめします。

フッ素塗布

フッ素には歯質を丈夫にし、虫歯菌の出す酸に溶けにくくする効果があります。乳歯や生えたばかりの永久歯は歯質が柔らかいので、定期的に処置を受けましょう。再石灰化を促す効果も期待できます。

唾液テスト

唾液には口腔内を洗い流し、再石灰化を助け、虫歯を防ぐ効果があります。唾液の量や成分、虫歯菌の種類や量を検査することで、状況に合わせた効果的な予防に役立てます。

過剰歯の抜歯

100人に数人ほどの確率で、本来生えてくるべき本数よりも多い歯(過剰歯)を持つお子さんがいます。過剰歯は歯並びに影響を与える恐れがあるので、多くは抜歯します。永久歯が生えてくるのが遅い場合、レントゲンで確認しますのでご相談ください。

床矯正

歯が並ぶスペースが足りないことでお子さんの歯並びに問題がある場合、取り外しが可能な装置を使って顎の発達を促す床矯正を行います。将来的な抜歯のリスクを減らしながら、歯並びを改善していきます。

ムーシールド

反対咬合(受け口)の治療に用いるマウスピース型の装置で、3歳から使用できます。受け口は放置しておくと発音や食事の仕方、顔立ちなどに影響しますが、早めに治療するほど高い治療効果が期待できます。

食育

お口の健康は、食事と密接に関係しています。お子さんの年齢に合わせ、食べ方や栄養素、歯の役割、食事の意味などについてわかりやすくご説明し、職に対する関心を高めます。

費用の不安におこたえします ながの歯科の料金表はこちら

無痛治療に力を入れています ながの歯科のご予約はこちら

pagetop

©2015 NAGANO DENTAL CLINIC All Rights Reserved.